カテゴリー
支持されるビジネスへ

保険と同様に、10年に一度は、仕事インフラの見なおしが・・・

/今や世を挙げてのネットの時代、パソコンを持っていなくても、スマホ、iパッド等で簡単にネットにつながり、日々の生活には欠かせないものになっている。企業においても、尚更のことである。ところが毎日当たり前ように使っていたものが、ある日突然使えなくなるということが発生するとどうなるのか・・・。このことが私の関与してい先(T社としよう)で先日発生した。明日からの販促に使うデータのweb更新ができないという事態だ。

 T社担当者はシステムに問題ないか、考えられる箇所全てについて精査するが、問題個所は発見できない。思い余ってレンタルサーバー契約先O社に相談したところが、O社は当社に問題がないとの一点張りで、ラチガあかない状況になってしまった。T社担当者は、これでは得意先の信用を失墜しかねないと、急遽O社以外のレンタルサーバー会社を片ぱっしからあたり。レンタル会社では大手らしいX社を探りあてた。そこにはレンタルサーバーの本契約前の10日間試用サービスというものがあった。

早速、T社担当者は、O社のネームサーバーにX社を設定すると、O社で跳ね飛ばされていた更新データが正常に更新された。T社のこのときのデータ更新は1カ月ほど遅れてしまったが、最悪の事態は回避できたのだ。勿論、O社と20年余り続いたサーバーのレンタル契約は即解除、これに伴いO社で取得していた数個のドメインもX社への移管が行われた。

T社とO社の契約期間中は、不具合がはあった際は、電話での問い合わせであた。ところがこの電話はつながるのに40~50分はかかる。事務手続きのことで電話した際も同様である。その間は他の仕事ができない状況におかれる。しかも対応状況は満足いくものでなかった。だからと言ってサーバーの移転ともなれば大事になってくるので、他社を探すことも躊躇され、気づけば20年余りになっていたということだった。         

九死に一生を得ることができたT社が新たにレンタル契約したX社と言えば、担当者の話によるとサーバー移転、ドメイン移管等での問い合わせはメールが主になるが、電話での問い合わせは3分ほどでつながり、メールでは当日にしかも問い合わせ3時間後ぐらいには返事(対応策)が戻ってくるのだ。また、サーバーレンタル料金、ドメイン使用料金ともに30%ほど安くなったとのことであった。勿論、これら以上の大きな収穫は、いざというときにきちんと対応してくれる“安心さ”であっただろう。

 サーバー移転というのは、システム担当者にとっては億劫になるものであるが、今日、情報・通信技術に関しては急激な進化を遂げてきている。保険ではないが10年に一度、いや出来れば5年に一度思い切って見直してみるのもいいのではないだろうか。

作成者: admin

俗にいう団塊の世代で、趣味はライブ等でいい音楽を聴くこと、楽器はグランドピアノを購入してトライ中。現在、経営コンサルタントとして「戦略経営」と「システム構築」が専門。経営効率化へ経営資源の再配分、組織再編成、企業運営等を指導しつつ、ビジネスモデルを確固たるものへ情報システム面から具現化をはかっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。